国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 新聞バッグならぬ地図バッグを簡単手作り | main | 「ビカジムアピ」に、ため息 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
イチゴ大量収穫
元ベリーダンス仲間のコラリーから、

「今年はサクランボが不作だけど、イチゴがすごいから、遊びにおいで!」

という嬉しいお誘いがありました。

ジョジョ君に、ぜひイチゴ狩りをさせてあげたかったので、喜んで伺うことに。


お礼に、巻き寿司を持っていったのですが…

テラスでワインを飲みながら、食べながらで、お喋りしているうちに、夜が更けてきてしまったので、

「もしかして、イチゴ狩りのことは、忘れちゃったのかな?」

と心配になった頃、暗くなったので台所に入ったところ…

既に収穫済みのイチゴが山盛りになっていました。

こんなに沢山の採りたてイチゴ!!!

しかも、「ガリゲット」というフランス人が好む香りが強くて美味しい品種です。

お店で売っているガリゲットは、酸っぱいことが多いのですが、コラリーのガリゲットは、完熟してから採ったせいか、すごく甘くて、本当に美味しいんです!!

疑って悪かったな…と申し訳なく思いながら、ありがたく貰って帰りました。


さて翌朝…


そのまま生食が美味しいのですが、あまりの量だし、傷ませたらもったいないので、オロオロしてしまいます。

まずは上の写真の左のように、浅いタッパをいくつか用意し、キッチンペーパーを敷いた中に、二段重ねぐらいで、あまりイチゴの重みがかからないようにし、上からもキッチンペーパーをかけて、ビニール袋に入れ、冷蔵庫で保管しました。

イチゴは、洗わないで、軸も取らないで、冷暗所で保管するのが秘訣です!!

(洗うと、すぐに傷みますよ〜!)

コラリー家のガリゲットが、どの程度傷みやすいかが分からなかったので、次の食事までに食べきれる量だけ洗って、軸を取り、テーブルに置いておきました。

ジョジョ君は、イチゴジャムを楽しみにしていたのですが、生食分を机の上に置いておくと、夫もジョジョ君も、ものすごい食べっぷりなので、あまり残らないかな、と思い、少しだけ傷みかけているイチゴを取り分けて、コンポートにしてみました。

コンポート用のイチゴは、洗って軸を取った後、軽くお砂糖を振り、混ぜておきます。

30分後ぐらいに、汁が出たら、そのまま鍋にかけるつもりだったのですが、あまり汁が出ていなかったので、ほんの少しだけ水を足して(焦げない程度)、5分ほど加熱し、ビンに入れました。

(これは、長期保存用ではなく、すぐに食べきる場合のレシピです!!)


コンポートをヨーグルトとか、フロマージュブランにかけて食べました。

潰れていないので、美味しいです!!

このシロップにミルクを入れてあげたら、ジョジョ君は喜んで飲んでいました。

(あまり甘くないけど、匂いが良かったです!)

イチゴずくしのこの日、ジョジョ君が、紙で「イチゴ」バッグを作ってくれました。

ラフィアのひもも頼りないし、バッグも、すぐ破けそうなので、急いで撮影しました(笑)


実は、数年前にサクランボが豊作のときに、コラリーから、

「摘みきれないから、来て!」

という連絡があり、大量にサクランボを摘ませてもらったことがあったので、夫は実は、サクランボを楽しみにしていたのですが…

コラリー家では、周りがサクランボ豊作の年は、サクランボはあまり取れないんだそうです。


 
JUGEMテーマ:旬・季節の食べ物
| サラ | フレンチな台所仕事 | 00:11 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:11 | - | - |
イチゴ美味しそうです〜o(^o^)o
| T | 2014/06/11 8:47 PM |

■Tさん、

お久しぶりです!
採りたてイチゴ、とても甘くて美味しかったです!
| サラ | 2014/06/13 5:33 PM |











このページの先頭へ