国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< イチゴ大量収穫 | main | 息子がフランス人に育っている、と実感した瞬間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「ビカジムアピ」に、ため息
間もなくバカンスですが…

小学生のジョジョ君が、英語の歌を学校で習ってきて、歌ってくれるようになりました。

去年はジョジョ君のつたない発音でも、「一郎さんの牧場で、イーアイイイーアイオー」の歌であることが分かったのですが…

(ちなみに、英語の出だしは「Old MacDonald Had a Farm」だそうですが、「一郎さん」のほうが語呂が良い気が…笑)

今年の歌は、何度歌ってもらっても何を言ってるのか、何の歌だかさっぱり分かりません。

サビが「ビカジムアピ」なことしか分かりませんでした。

しかも、「タイトルは?」と効くと「ビカジムアピ」と答えるのです。

「どういう意味?」と聞いても、「知らない」と言うので、全くヒントがつかめませんでした。


ちなみに、ジョジョ君の小学校だけかもしれませんが、教科書があるのは国語(フランス語)だけで、後の教科は、算数のノートが2日に一度ぐらいペースでカバンに入っているだけで、他の教科はあまりノートが帰ってきません。

(宿題のある教科の関連ノートだけ、持ち帰るよう指示されるらしいです…)


やっと英語のノートがうちに帰って来た日の夜、ノートに歌詞が貼ってあるというので、一緒に見てみると…

ファレル・ウィリアムスの「Happy」という歌でした。

ファレル・ウィリアムスって、ラッパーの不良っぽい人だと思っていたので、小学校の英語の授業で、ファレルの歌?? とビックリしたのですが…

聞いてみたら、なんか可愛い歌でした(笑)

そして肝心の「ビカジムアピ」は、なんと、「Because I'm Happy」であることが判明…(爆)!!

(「Because」と「I'm」がリエゾンしている!!)

フランス人の先生が、フランス語発音で教えているので、仕方ないのかもしれませんが…

しかも、「ワン・トゥー・スリー」を「オン・トヴー・スリー」と発音するクラスの子がいるけど、先生は直さないと愚痴っていました。

…来年は、もう少し、英語の発音のいい先生にあたることを祈ってしまいます。


歌のビデオクリップです。

Happy
Pharell Willams

http://www.youtube.com/watch?v=y6Sxv-sUYtM


「Happy・原宿バージョン」もありました。

http://www.youtube.com/watch?v=rVvUxM0ywrc


ジョジョ君と一緒に何度かクリップを見たら、頭から離れなくなり、最近、気が付くとシャワーで歌っていたりします(笑)

ただし、歌詞が早いので、ちゃんと歌うのは難しいです。

選曲的にもいかがなものか、とも思いましたが、「一郎さん」よりもヒップな感じなので、良いかもしれません。


英語のフランス発音で有名なのは、フランス語では「H」をほぼ発音しないため、「Are you hungry?」と「Are you angry?」の区別がつかない、という話ですが…

小学校低学年から英語を勉強するのはいいけど、これだけ発音が悪い先生だと、あまり意味がないような気がしてなりません。

 
JUGEMテーマ:フランス
| サラ | フランスの小・中学校、保育園などの話 | 17:46 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:46 | - | - |
こんにちは!友達にこのブログ、面白いよ、っておしえてもらって拝見させてもらいました!華の?女子大生です。

私の周りでもhappy流行ってますよ〜。なんかあのメロディー頭から離れないんですよね笑(^^;;
カラオケで歌えたらカッコいいなー、と思い、練習してみるものの、むずかしくて断念。英語の歌はバラードとか、ゆっくりしたテンポの曲のほうが歌いやすいですね。

また更新楽しみにしています!!
| ここ | 2014/06/16 1:31 PM |

■ここさん、

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。

「Happy」は、日本の女子大生の間でも流行っているのですね!
私は、流行に疎いので、知りませんでした。

フランスの小学校の先生が、どうして「Happy」を学校の歌として使おうと思ったのか、ちょっと不思議です。

カラオケで洋楽のハイテンポ曲を歌うのは、結構、難しいですよね〜

私も、一時帰国した際に、夫の家族とか友人を連れてカラオケ・ボックスに行ったことがありますが…
英語でもフランス語でも、歌詞が、カタカナで表示されるので、フランス人はビックリしていました。

ちなみに、「江南スタイル」も、ジョジョ君の学童の出し物で知り、夫が癖になっていました(笑)

更新がのんびりペースですが、これからも宜しくお願いします♪
| サラ | 2014/06/18 12:12 AM |

ジョジョ君の小学校、こんなハイテンポな曲を英語で歌うなんて凄い。
レベルが高いですね!

うちの子達、学校でフランス語を学ぶ機会もあるようですが、いくつかの単語、挨拶のフレーズくらいなもののようですよ。

イギリスの現地校も 個人に教科書は配布されないので 親は子供が学校で何を勉強しているのかよくわからないのが難です。。。
| T | 2014/07/13 7:29 AM |

■Tさん、

レベル高いのかどうか・・・(苦笑)

ハイテンポな難曲をチョイスする割に、発音は「ビカジムアピ」のギャップが、なんとも言えません・・・

イギリスの学校では、フランス語を勉強するのですね!
教科書がないのって、本当に困りますよね。

教科によっては、先生の選んだプリントがノートに貼ってあるだけで、そのプリントのノリが剥がれて、ノートを逆さに持つと、紙がピラピラと落ちてくるので、順番が分からなくなって大変です。
| サラ | 2014/07/13 10:17 PM |











このページの先頭へ