国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 硬くならない型抜きビスケットの作り方 | main | クルミ、ヘーゼルナッツの痛くない割り方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ハロウィーンの粘土細工

フランスは一時よりもハロウィーンは下火なんですが…

もうすぐハロウィーン、ということで、ジョジョ君の工作教室で、ハロウィーンにちなんだ粘土細工、というお題が出ていました。

魔女あり、カボチャ(ジャック・オ・ランタン)あり、オバケあり、アングリーバードあり、となかなかニギヤカでした。

粘土は、小麦粉に食用の色素を入れたものだそうです。

食用ではありませんが、普通の粘土よりも、小さい子でも安心して遊べそうですね。

ちなみに、我が家では、トゥーサン(万聖節)の前に、家族のお墓参りに行くのと、家族で集まって食事会、というのが通例で、特にハロウィーンの行事はありません。

JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々
 
| サラ | フランスのスケッチ | 14:29 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:29 | - | - |
サラさん、こんにちは!
ハロウィンのお化け達、細かいところまで丁寧に作られていてお上手ですね〜。

フランスでは ハロウィンは下火になっているのですね。
イギリスも アメリカの足元にも及ばないくらい、申し訳程度な感じの盛り上がりです。
「trick or treat」と家のドアをノックしてきたのは 2グループの子供達だけでした。^^;
| T | 2014/11/15 7:00 AM |

■Tさん、

ハロウィン、イギリスでも、あまり盛り上がっていないのですね。

上手なオバケは、多分年上の子達が作ったやつだと思います(笑)
| サラ | 2014/11/17 5:41 PM |











このページの先頭へ