国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 「豚ベエ」君の正体… | main | バカンス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
娘のフランス小学校体験…1日目
渡仏後すぐのお話です。

フランスに住み始めた当時、娘(当時8歳)は、フランス語は、

「NHKテレビのフランス語講座を、3回見た」

と、その程度のフランス語力でした。

(なぜか、「50度数のテレホンカードを1枚ください」というNHK講座で出てくる「今日のセリフ」だけ、妙に発音のいいフランス語で暗記していた…彼女的には、ほとんど、何の役にも立たなそうなセリフですが…)

パリの学校に行き始めて、最初のうちは、「外国人受け入れクラス」に入っていたんですが、そこの先生がすごく親切で、楽しんで通っていました。

言葉が分からないのに、手遊びの「アルプスいちまんじゃく」とかを、無理やりイギリス人の女の子に「無言」で教え込んで、遊んでいました(笑)

そんな娘が、フランスの小学校に行った最初の1日目の感想…

「なんか…みんな日本と全然、違った!」

「何が違うの??」

と聞いたところ、少し考えたあげく、

「ん〜、なんかね〜、女子のかっこが、みんなセクシーなんだよね〜」

8歳の娘が、真面目な顔で、こういうので、ウケてしまいました。

その当時、娘は、サンリオの「シナモンロール」ってキャラクターが大好きで、薄いブルーの服や、シナモンロールのワッペンが付いてる服を愛用していました。

(「シナモンロール」って、この子です♪)

基調カラーが薄いブルーなので、「シナモンロール」のついてる服とか文房具を買うと、薄いブルーのグッズばかりが、集まることになります…

まぁ、それはそれで、キティちゃんとかも、フランスでは、ちょっとばかり流行っているので、他のフランス人女子からも、「うわー可愛い!!」って言ってもらえたみたいでした。

そこで、娘は、「サンリオびんせん」とか、「絵つきティッシュ」とか、「匂いつき消しゴム」など、日本女子だったら避けて通れない系のファンシーグッズ(うわー懐かしい響き…)を、学校に持って行って、大人気になっていたようです。

他の子の服装については、

「私は、ああいうかっこは、似合わないし…」

と、あっさり、つぶやいていました。
彼女なりに、日本とのギャップを、ひしひしと感じたようです…

確かに、言われてみると、お迎えとかお見送りのときに学校の周辺で見かける子たち、「女の子」っていうよりも、「胸とかまだないけど、とりあえずミニサイズの女!」っていう貫録を感じました。

今は、全然問題なくフランス語もしゃべれるようになって、学校の友達とも仲良くしてもらってるようですが…

相変わらず、シナモンロールのタオルだけは、愛用しています(笑)

JUGEMテーマ:学問・学校


| サラ | 国際結婚&子連れ再婚と家族の反応 | 23:19 | comments(14) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:19 | - | - |
そうか、、、、、だからあの頃の小学生集団は(視覚的に)妙に明るかったのか。。。
| 夜日子 | 2008/07/26 1:54 AM |

はい!!モーです。
へへへ、名前変更しました。
子供さんって、順応早いって聞くけど、すごいですよね。
うちのこはどうでしょうか?英語も忘れつつあります。最近日本語で言ってよーって言われちゃいます。娘は2歳から英語で、息子は3歳から英会話に行ってました。でも、去年辞めちゃった・・・だって高いんだもん。個人レッスンだったのでやはり母子家庭にはきついわ。今は自宅でがんばってたんだけど、ついつい日本語ばっかりになって・・・

セクシーな服って日本では敬遠されがちだもんね。
マセタ子供と思われちゃうし、変な人に狙われても困るのでっと思っていましたが、最近やたら私の服の洗濯物が多いなーっと思っていたら、ちゃっかり娘12歳は私の目を盗み着てるようです。はははは
仕事から変える頃には自分の服を着てるあたりが・・・キッ〜〜〜っとなりますね。後ベルトも。戻ってきやしない。

| ミーモ | 2008/07/26 10:02 AM |

うちの娘もフランス語がほとんど話せない状態なので一年間だけ日本人学校へ通う事になっていて後、パリのパブリック・スクールへ行く事になりますが..「外国人受け入れクラス」ってあるんですね!そっちにすれば良かったな...と思い聞いてみると六ヶ月前ぐらいから申告しなければいけなかったのですね..遅すぎました(汗)フランスでは例のきゅーとなファンシーキャラクター(ほんと、懐かしい!笑)など売っていないので日本で大人買いをして行きます(笑)サラさんの娘さんはフランス語を話せるようになるまでどれ位かかりましたか? サラさんの娘さんのようにお友達とか出来るようになったらいいのだけれども.....
| yuka | 2008/07/26 2:18 PM |

■夜日子さん、

なんか、その当時は、パステル系のブルーとピンクで一杯だったんですよ♪
夫が、「ダサいし、肌の色に似合わない」とぶつぶつ言っていました(笑)
その当時は、「ガキンコなんだから、好きな格好させてやればいいじゃん!」と思ったんですが…確かにダサかったかも。
| サラ | 2008/07/26 9:56 PM |

■ミーモさん、

すごい!娘さん、なかなか賢いですね。
うちの子は、私の服と趣味が合わないのと、サイズが私より大きいので(お肉とケーキの食べ過ぎ…笑)、借用されることは、ないみたいです。
というか、私が今より太ってた時の服を、彼女に回している状態です。
(本人は、ブツブツ言ってるけど、意外と喜んで着ているみたい…)
私も、あまり娘が小さいうちから大人っぽい恰好をするのはイヤだったんですが、娘本人がそういうのを嫌がる子だったので、ほっとしました。
今でも、娘の中学校の前を通ると、「フレンチ・ロリータ風」のかわいい子がウヨウヨいて、その中では、娘は地味な路線みたいです(笑)
| サラ | 2008/07/26 10:00 PM |

■yukaさん、

パリの「外国人受け入れクラス」は、私たちは、パリに着いてから区役所に行って、そのあとすぐに入れてもらえましたよ。
お役所関係については、「伝説」がいろいろあるので、あまり信じずに、泣き落しとかをすると、融通をきかせてもらえる場合もあります。
ともかく、思うようにならない国なので、「まぁ、なんとかなるよ!」と、柔軟に考えていたほうがいいと思います。

パリ郊外の日本人学校は、送り迎えとか、お弁当づくりとか、お母さんの負担が結構あるから、私は最初から全然入れるつもりがなかったんですが…
でも、日本から行ったすぐは、文化的にギャップが少なくて、いいかもしれませんね。

娘は、最初の3か月が、完全なる無言生活(笑)
そのあと、ぼちぼち、話し始めましたが、当分「セサ(そうです)」、「セパサ(そうじゃない)」と「ヴィアン!(おいで)」だけで会話をしていました。
6ヶ月目ぐらいから、堰を切ったように話が出てきたと思います。

ちなみに、フランスの子供たちには、日本のファンシーグッズ以外に、アニメのキーホルダーとかも大ウケでした。
ただし、あまり高価なお土産をみんなに配る習慣はないので、持ってくものは、安いものでも十分ですよ。
| サラ | 2008/07/26 10:09 PM |

たしかに4歳の女の子とかでも「ミニサイズの女」っぽいのを見かけますね〜。
セクシークラスの中での娘さんのクールな対応がいいなぁ☆
自分に似合うものを知ってるのが個性的だと思うので、すでにフランスの流されない風土に順応しているんでしょうね♪






| アイノワ | 2008/07/26 10:19 PM |

■アイノワさん、

すでに、保育園にも、妙にぷりんぷりんでセクシーな子がいます(爆)
おまけに、幼稚園の女子も「私のamoureux(恋人)はxx君」とかいう会話をしていました!
おませすぎ!

娘の場合、自分に似合ってるかどうかは、あまり気にせず、着たい服を着てるだけなので、夏のワンピースに、毛のカーディガンとサンダル、とか、色も素材もへったくれな、ヘンチクリン・コーディネートになっています。
うちの夫は、結構厳しく、「今日の服はダサい」とか、「コーディネートが悪い」とか、私にも娘にも言うんですが、娘は、あまり耳を貸さないので、相変わらず、ヘンチクリンなまんまです(笑)
| サラ | 2008/07/27 12:06 AM |

そいえば、友人の友人(旦那さんがアメリカ人)が、米軍基地のトイレに入った時、小学生の集団がマスカラや口紅でぐりぐり化粧をしながら、男の子のことを大人の女性が話すような口調で品定めしていたそうです。
日本の女の子もずいぶんと大人びてきたけど、海外にはまだまだ負けてますよね…
負けててほしいって気がちょっとするけど(笑)
娘さんは流されないしっかりした子なんですね(*´∀`)
| マリ | 2008/07/27 1:08 AM |

こんにちは!
娘さん、通学初日でしかも8才で(我が家の長男も8歳で渡英でした。経験が重なるわぁ〜:笑)「フランスの女の子達はセクシー」と日本語であれ仏語であれ言葉で表現できるのだからすごい。(^_^;)

娘さんがおっしゃるように欧米の方は目鼻立ちが大きいからはっきりした派手な柄もよく似合いますけれど、目鼻立ちが小ぶりな日本人は同じ服が似合うようには思えませんしね。
サラさんの娘さんは感受性が豊か&お洒落さんなのかしら。(^^)

こちらでは男の子もセクシーさが大切!みたいなところありますよ。
11〜12才でピアスをして「あまり僕には似合わなかった」とか話しているところをみるとまだ可愛いなぁなんて思えてしまうのですが。(笑)
| T | 2008/07/28 1:48 AM |

子供の吸収力ってすごいですよね
同時に受け入れてくれる環境もすごいですね。

今、うちの娘11歳のクラスにフランス人の子がきましたが
いやもうあっという間になじんでました・・・はやー

女の子達みてみたい〜きゃー負けてそうw
| キリ | 2008/07/28 1:52 PM |

■マリさん、

きゃー。ほんとに、「ませガキ」ですね!!
さすがにフランスの小学生は、普段はお化粧はしてませんよ〜
中学生は、結構、バチバチに決め込んでる子がいます。
あんまり小さいうちから、フルメークでヒールの靴なんかを引きずってるのも、なんか痛々しいです。

うちの子は、そういう努力は、「めんどくさい」らしいので(私に似た?!)、マリさんの言うとおり、「子供は、それでいいよ」というか、ホッとしてます。
| サラ | 2008/09/02 1:20 AM |

■Tさん、

うちの娘は、おしゃれじゃないです。
ただの、ものぐさです(笑)

そういえば、前、近所に住んでいた男の子も、髪を前だけツンツン染めてみたり、ラッパーみたいな恰好をしたり、ネックレスをしたり、で大変なおしゃれぶりでした。
ピアスしてる男の子も、最近は多いですよね…

私なんて、世代的に、男子があまりおしゃれなのは、どうも受け付けられません(笑)

| サラ | 2008/09/02 1:23 AM |

■キリさん、

そうそう。「負けてる!」って思うことありますよ♪

中学生でも、全体で見て完成度の高いおしゃれな子が時々いますが、高校生になると、もう化粧もブローも、私の何倍も経験を積んでそうな貫禄の人がゾロゾロいます。

ベリーダンスの教室に一緒に通ってた子が、すごいセクシーで、メークもばっちりで、「同じ女子に生まれても、私と、こんなにもちがうものか」と思うぐらい、「女力」っていうか、そういう貫禄がある子だったんですが、レッスンの最後のへんで、彼女がバカロレア前だったことが分かり(ということは、ダブってなければ17〜18歳?)、ぶっとびました。
| サラ | 2008/09/02 1:28 AM |











このページの先頭へ