国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< フランスのブドウの食べ方… | main | フランスの蜂はなんて鳴く? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「換気魔」なフランス人夫
今年のフランスの秋は、「はずれ」というか、妙に気温が低い気がします。

夏もたいして暑くなかったし、今年は全面的に「はずれ」なのかもしれません…

うちでは、もう家でのセーターは当然ながら、外では薄手のコートも着ています。

ところで、寒くなると、いつもカンに障るのが、フランス人夫の「換気グセ」です。

夏は、何かと窓をあけっぱなしにしているので、あまり気になりませんが、寒くなってきても、相変わらず、朝と、夜寝る前に必ず、「アエラシオン=換気」と称して、家じゅうのあちこちの窓を全開にするので、たまらなく寒いです。

私が料理していて、ちょっと煙がでれば、とっとと台所に飛んできて、台所の窓を全開にしていきます。

シャワーも、夫の後にお風呂場に行くと、窓が全開で、ヒューっと寒いです。

また、夜も、ベッドのなかで「おなら」をした、と言っては、布団をバタバタとあおいで換気をしています(笑)

ちょうど、眠りかけの時に、この「バタバタ」をよくやられるので、

「臭くてもいいから、あたたかい布団で、眠らせてくれー!」

と叫んでいます。

換気って、ほんとに体にいいのかどうなのか…

ちなみに、先週の「ブドウの皮」の話ですが、

「ブドウの皮は、農薬がいっぱい入ってるから、食べない方がいいんだってよ!」

と言ったところ、夫は、

「ちゃんとEUの規制を通過しているから、食べても大丈夫なはず…」

と、言うので、

「でも、ライムの皮をポンシュ(ラムベースのカクテル)にするときは、妙に念入りに洗ってるのに、ブドウは皮も食べて平気なのはおかしい」

と言ったら、黙っていました(笑)

これからは、大きな顔をして、ブドウの皮をポイできるようになりました(笑)

JUGEMテーマ:家庭


| サラ | 国際結婚で不便なこと | 00:26 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:26 | - | - |
うちの彼は空気の新鮮さよりも寒暖の方が重要らしく、私は換気したがりなんで、サラさんちと反対ですね(笑)
北向きで日光が入らない寒い家なのに、30度越える日に窓を開けてたら、帰ってきた拍子にバタバタと閉めていきます。
私は新鮮な空気が吸いたいです。。。
| 夜日子 | 2008/09/23 5:19 AM |

■夜日子さん、

30度を超える日でも、窓を閉めちゃうんですか?!
そういえば、わずかに暑かった夏の日に、家のカーテンが閉まっていたので、私が開けたら、
「部屋に熱気が入って、直射日光でペンキが日焼けするから、閉めたほうがいい」
と夫に言われたので、
「こんなに明るい太陽がうちに差し込む日は、一年に数えるほどなんだから、味あわせてほしい」、と言って、開けっ放しにしていました。

一緒に住んでると、こういう細かい好みの違いが、気になりますよね…
| サラ | 2008/09/23 4:16 PM |

そうそう、熱気が入るからしめないといけないんですって。
彼の実家でも、直射日光が入るから雨戸シャッターを下から20cm位だけ開けて、窓を全部閉めてました。
なんか暗いし、悲しくなりましたよ。。。。。
| 夜日子 | 2008/09/23 6:04 PM |

■夜日子さん、

たしかに、フランスの家はクーラーがないから、30度を超える日がずっと続くと、夜なんか家に熱気がこもりますよね。

でも、とてもじゃないけど、今年程度の夏だったら、「熱気ウェルカム!待ってました!!」って感じです。

シャッターまでしめられると、モグラの家にお嫁にいかされる「おやゆびひめ」みたいな気分になりますよね〜
| サラ | 2008/09/23 10:09 PM |

勘違いかも知れませんが、サラさんのお役に立てて良かった(葡萄の件です、笑)。
私達は今の家に一年前に引っ越したんですが、引越前に下見に来たとき前住人がいつもそれぞれのドアは閉めっぱなし、夏でも雨戸も窓も閉めっぱなしだったので何だかなーって感じでした。案の定、壁の隅々に湿気の跡が。。。
私達は引越後大改装工事をしたので換気しまくってます。
換気は夫婦とも賛成ですが、朝日の入る側のサロンの窓にカーテン(と言ってもボワラージュ程度)を付けたいと言ったら彼が渋ってます。。。明るくて良いじゃないって。でもでもあまりに朝日が強いとPCの画面も見えないし。。。私はやっぱ付けたいなと思ってます。
| にゃんころりん | 2008/09/24 6:50 AM |

■にゃんころりんさん、

そういえば、フランス人ってカーテン嫌いな人がいますよね。
にゃんころりんさんのご主人も、そうでしょうか?
義兄が、カーテン大嫌い人間で、義兄の家は、寒い時でも、でかい窓がばーん!とそのまんまなので、寒々しいです。夜なんか、「外を通る人から中が丸見えだろうに…」と、いつも気になります。

フランスの場合、日本ほど湿気がないのに、ちょっとでも湿り気がでやすそうな家やアパートは、すごく嫌われますよね。
あれは、多分、よく閉めっぱなしにするからなんでしょうか??

明るすぎてPCも見えないぐらいの日差しのおうちなんて、うらやましいです!!
| サラ | 2008/09/24 5:48 PM |

Toulouseはアパートでも一軒家でも真夏は昼間は窓と雨戸全部閉めますよ☆
前に42度の時があり、そのときは彼が閉めた雨戸シャッターの内側にじょうろで水を流してて、「こうするとさらにヒンヤリするんだ」と言ってました。
打ち水的にヒンヤリしてきたので、エコだなぁ〜って思いました☆

閉め切ると熱気が家の中に入ってこないので、教会の中のようにひんやりします。
逆に夜は窓を開けてヒンヤリした外気を部屋に入れてました。

ブドウの皮の件、堂々とポイできるようになってめでたしですね♪
| アイノワ | 2008/09/24 11:28 PM |

■アイノワさん、

トゥールーズは40度を超えることもあるんですね。

うちも、パリにいたときは、夕方にアパルトマンの窓の外のプランターにさんざん水をまいて、「打ち水」効果を味わっていましたが、引っ越してからは、2年続けて冷夏だったので、そんな必要もありませんでした(涙)

たしかに、フランスの石づくりの家は、閉め切ってさえいれば、ずっとひんやりしていますよね。
最初、アパルトマンの外の戸をあけると、温度差がすごかったので、びっくりしました。

ブドウの皮は…今までも、堂々とポイはしていたんですが、こっちの正当性が主張できるようになった、という感じです(笑)
| サラ | 2008/09/25 4:16 PM |











このページの先頭へ