国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< お墓で考えたこと… | main | 手作りのタルトタタン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
新学期の家老問題…
フランスのクレールフォンテーヌの種類(ノート写真)
フランスの「ノートのます目」には、「グランカロー(ます目・大)」と「プティカロー(ます目・小)」があるんですが、左右どっちが「ます目・大」だと思いますか?
(知ってる人は置いといて…)

これは、3週間ぐらい前の、新学期(フランスは9月から新学年になります)のお話なんですが…

娘の中学校の「新学期にそろえる文具リスト」を片手に、ノートなどを買いに行った私。

勘違いをして、ノートの「ます目」が指定と違うものを買ってきてしまいました。
フランスの文房具(ノート写真)
バカらしいんですが、実は、去年も、同じ失敗をしそうになり、モノプリ(大手スーパー)の店員さんにわざわざ確認した覚えがあります。

それなのに、今年もまんまと、間違えてしまいました。

ちなみに、最初の写真で左のます目が「ます目・大」なんですが、私には、小さくて薄っぺらいます目がいっぱいあるから、左の方がます目が小さく見えます。

夫によると、これは、大きいます目に、アルファベットを正しい形で書きやすいように、横線が引いてあるんだそうな。

何かと上げ足を取りたい年頃の娘にも、

「そんな常識的なことを知らないなんて、ママ本当に恥ずかしいよ!」

と一笑に付され、

「日本ではそんな常識は通ら〜ん!フランスの学校に通ったことのない私が、そんなもん知るか!!」

と、これまたむかっ腹が立ちました。

おまけに、そんな分かりにくい表示では、間違える人がいてもおかしくないでしょう!と思ったんですが、毎年、間違えるのは、私だけみたいです(笑)

その上、娘に、

「これのどこが、グランカローなの?プティカローよりも、カローが小さいのに、理屈に合わないでしょ?!」

と、「カローカロー」言っていたところ、

「ママ、発音悪すぎ〜!『carr…』って言えないの?」

と発音までけなされてしまいました。

ほんとに、このます目には、恨み百倍、腹が立ちます!!

悔しいので、来年は絶対に間違わないよう、「大家老(←グランカローの当て字)は横線あり」と覚えることにしました。

来年も間違えたら、ほんとにほんとのアホですが…

JUGEMテーマ:学問・学校


| サラ | フランスの小・中学校、保育園などの話 | 21:52 | comments(10) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:52 | - | - |
わ〜、ムカツク〜!(笑)
もし子どもができた時のために覚えておきます!!!
左の方が小さいのに。。。。。
| 夜日子 | 2008/09/28 10:23 PM |

■夜日子さん、

うわーい、こんな間抜けな私のために、ムカついて下さってありがとうございます♪
ね、やっぱり、左の方が「ます目」が小さいでしょう??

娘には、フランスに来て以来、フランス語の発音を直されるわ、学校でしか使わないような用語を知ってるか試されるわ…で、かなり悔しい思いをしています!
「ママ、学校の校庭でも、preauとcourの違いはなんでしょう!?」とか。
そんなもんは知らん!って感じです…
| サラ | 2008/09/28 10:52 PM |

これ、私も左がマス目小さい家老だと思いましたよ〜!
なんかイジワルなひっかけ問題みたいですね☆
私も子供できたら発音とかあっというまに先越されるんだろうなぁと思います(苦笑) 
| アイノワ | 2008/09/28 11:27 PM |

"ます目・大"は右でしょう。
だってどう見ても右の方がスカスカしていて大きいもの。(笑)

そうそう、サラさんがブログ記事にされていたもぐら君のうんちの絵本、イギリスの本屋さんで見つけました。
立ち読みしたのですが、とことん うんちのお話なんですね。サラさんがおっしゃっていたことを思い出して笑ってしまいました。(笑)
| | 2008/09/29 5:44 AM |

■アイノワさん、

やっぱり、常識で考えれば、左が小家老ですよね?!
でも、2番目の写真で、遠めにみてもらうと、確かに、グランカローの横線は控えめな気もします。
「毎年間違えてないで、覚えろ!自分!!」という感じです。

子供の発音は、あなどれませんよ〜
私なんか、うちのおちびさんにも越されそうな勢いです。
| サラ | 2008/09/29 5:11 PM |

■Tさん、

ね、そうですよね!!
イギリスのノートは、こんなずるい仕掛けはないんですか〜?
文具って、意外とお国柄が出て面白いですよね♪
私は、やっぱり日本の安くて質のいい文具が好きです。

「うんち絵本」、英語だと、タイトルはどうなってるんでしょう?
一応、フランス語では、モグラとハエが女性名詞なので、主人公はオバサン、ハエはマドモワゼルということになっていますが、その辺は英語だと違うんでしょうね。
それにしても、くどいぐらい、うんちの話だったでしょう??
| サラ | 2008/09/29 5:15 PM |

ます目に種類があるなんて、全然知りませんでした。というか私、最初フランスでノートを買おうとして、普通に罫線が入ったものを死ぬほど探し、マス目の入ったものが一般的、ときいてものすごくショックを受けました。こんなにちっちゃいマス目に横文字書くのって、感覚的に受け付けないんですが、サラさんはどうですか。
| tamaho | 2008/09/30 3:02 AM |

たしかにフランスのノートって方眼紙みたいなのばっかりですよね〜。
コクヨや無印のノートが恋しくなった記憶があります。

学校でしか使わない専門用語なんてお子さんがいなければ覚える機会もないですよね。
おチビちゃんのときには完璧ママンですね!
| Reshmi | 2008/09/30 10:19 AM |

■tamahoさん、

私は、無地のノートが好きなんです。
落書きとかできるし、線にこだわらずに好きな大きさで文字が書けるし。

普通に罫線の入ったノートも、あまりないですよね?
私も、あのます目に、書き出すときに「うっ」と悩みます。
どうしても、文字が、はみだしてしまうんですよ…

小さい方のます目のノートは、夫によると、テクノロジーとか数学の授業で、図形を描いたりするのに使うんだそうです。
なのに、こっちがグランカローだと思って、大量に買い込んでしまいました(笑)
| サラ | 2008/09/30 5:18 PM |

■Reshmiさん、

フランスに留学されていた時には、やっぱりこういうノートを使ってましたか?
フランスには、コクヨとか無印みたいに、スッキリしたデザインで、安価なノートがほとんどないのが、私も不満です。
学校指定のノートは、どれもバカでかくて、一冊3.5ユーロもするんですよ!
さらにフランスの文具の文句を言えば、ファイルするタイプの紙の場合、ファイルが4ツ穴式なのが、不便だと思います。
日本みたいに2ツ穴式ならば、もらったプリントも、簡単に穴あけできるのに…
(すいません、ついつい、グチってしまいました…)

おちびさんの場合、もう妊娠出産用語(笑)から初まって、予防接種だの保育園だの、かなりの専門用語を覚えたと思います。そうなると、今度は、日本語で同じ言葉をド忘れしてしまうのが、難点です。
| サラ | 2008/09/30 5:27 PM |











このページの先頭へ