国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
わきがの香水?
また更新の間が空いてしまい、申し訳ありませんでした!


・・・不思議なことなのですが、この1年ぐらいで、香りの好みがすごく変化したような気がします。

2年ぐらい前に、アンバーとかパチュリにはまったのが、不思議なぐらい、最近は重たく感じるようになりました。

気が向くと、幼稚園のお迎えの後、ジョジョ君とふたりで近所のパフューム・ショップにおためしに行くのですが・・・


これまで、ありふれていて頼りなく感じたシャネルの「チャンス・オーフレッシュ」など、軒並み柑橘系フローラルの、いかにも女子的な香りに惹かれます。 



秋ぐらいに購入したディオールの「アディクト2」も、似たような系統で、さらにフローラルで女子らしいのですが、いまでも気に入って、よくつけています。

今、次に買うなら一番欲しいと思っている、「チャンス・オーフレッシュ」を手首にシュッとして帰った夜、夫に匂いをかいでもらったところ、

ああ、やっとこういうのが好きになってくれたのか・・・

とやたらとホッとしているので、やっぱり、個性が強い、というかオジサンらしい(?)アンバー系の香水は、買ってくれたものの、苦手だったんだな、と思いました。

(とはいえ、今でも、セルジュ・ルタンスの香水「グリ・クレール」は、身が清まるような印象が好きなので、ときどきそっとつけていますが・・・)

しかも、次に、夫の思いがけない一言が・・・

あの、わきがみたいな香りの香水が、一番、苦手なんだよね!

え?!わきが?!!?

とビックリして、それから、思わず、大爆笑したのですが・・・

結局、どの香水が「わきが」の匂いなのか、分からずじまいですが、男性用っぽい香りの香水は、なんとなく「男性用デオドラント」の匂いにも似ているので、そういう連想かな・・・と思いました。

夫の時間があるときに、私の手持ちの香水をすべてかいでもらって、どれが「わきが」の匂いか分かったら、またレポートしたいです(爆)


ちなみに、ひどい話ですが・・・

私たちが良く行くショップは、Nocibeという店なのですが、これは、幼稚園の2軒隣にあるので、香水を試しに、よく入るのですが・・・

この店は、ディスプレイもダサくて、お店の女の子もお喋りばかりしていて、全然お客にかまわないので、逆に、子連れで購入もしない私みたいな客でも、遠慮なくゆっくり香水を試した挙句、手ぶらで退場することができて、とても助かるのです。

そのくせ、購入するものが決まると、夫と良く行くセフォラに行って、買ってしまいます。

自分でも、ひどいとは思うんですが・・・(爆)


おまけに、ノシベは、子供用香水のコーナーが充実しており、「カーズ」の香水とか、「スパイダーマン」の香水だとかを、子供がいちいち試したがるので、毎回、5種類ぐらい、男子用香水をやたらと試してきます。

(ちなみに、男児用香水は、シュッとやっても、あまり強くないけど、あまりいい匂いのものにあったことがありません。ジョジョ君によれば「カーズ」の香水は、車の香りがするそうです!!!!!



 JUGEMテーマ:おすすめ香水・フレグランス
| サラ | トンデモ フランス人 | 00:40 | comments(4) | - |
許せないカップラーメンの食べ方
冬休み中に、子供を夫の家族に預けることができたので、夫と3日間だけふたりきりで過ごしたのですが・・・


せっかくだから、子供抜きでゆっくりと美味しいものでも食べたい!!と思った私は、

夕ごはんに何が食べたい??

と夫にリクエストを聞いたところ・・・


なんと・・・

冷凍ピザと、カップラーメン!

をリクエストしてきました!!!


ピザなら、近所に美味しいピッツェリアがあるから、そこにふたりで食べに行こうよ!!と思ったのですが・・・


子供がいるときは、私があまりインスタントを出したがらないのを知っているので、夫的には、この絶好の機会に、体に悪そうなものを、ガンガン食べたい・・・、ということのようでした(爆)


一日目は、ふたりで近所のスーパーに買い物に行き、冷凍ピザを買ってきました。

フランスの冷凍ピザとサラダ

でも、ついいつもの癖で、ニンジンとアボカドとマーシュ(葉っぱ)入りの超ヘルシーなサラダを作ってしまいました(爆)


翌日も、夫の意思を尊重して・・・

フランスの出前一丁

中華スーパーで買い置きしておいた、出前一丁が登場。

日本人仕様ではないかんじのパッケージではありますが、味は普通でした。


ところが、うちの夫は、やはりフランス人の血がさわぐらしくて、バゲットをラーメンのつゆに浸して食べているのです・・・

うちの夫は、煮物のつゆも、バゲットですくいとって食べていますが・・・

カップラーメンにバゲットは、あまりにも許せないので、写真に撮ってしまいました。

皆さん、どう思われますか??

出前一丁にバゲットをつけて食べるフランス人の写真


ちなみに、食事のあとには、私が作ったケーキを、ほうじ茶に浸して食べていました(爆)


 JUGEMテーマ:カルチャーショック!!!
| サラ | トンデモ フランス人 | 14:38 | comments(22) | - |
「目から鱗」の性教育
フランスでは、18歳で法的にも成年に達するのですが…

18歳以上の子供が二人いる先輩ママのパスカルに、週末会ったので、子供の交際について、どうやって対応したのか、聞いてみました。


私は、自分が娘と面と向かって話をする勇気がなかったので、とりあえず、他の用事にかこつけて、かかりつけ医のところに行かせたのですが…

娘が、ピルの処方箋をもらってくるかも…、とやきもきしていたところ、何ももらってこなかったので、拍子抜けすると同時に、どうするのかな??とちょっと心配でもあり…

そんな話をしてみたところ、パスカルが、子供たちが高校生のときに、どう対処したかを教えてくれたのですが…


話を聞いて、ビックリ仰天しました。というのも、



ある日、スーパーでコンドームの大きい箱を買ってきて、子供たちをよびつけて、

『これ、あなたたちのために、バスルームの戸棚に入れておくからね…』

と言って、それだけで、その場は終了、という感じにしたのだそうです。


その後、特に気にしていなかったところ、少し経ってから、娘が、

「ママ、コンドームがもうすぐなくなるから、今度スーパーで買ってきて」

と頼んできたそうです!!!



パスカルのうちには、男の子と女の子がいるのですが…

パスカルいわく、

「男の子のほうも、うちで練習しておいたほうが、本番のときに焦らないですむと思った」そうです。


ティーンの子供がふたりいたら、確かに、どっちが使ったかはっきりわからないし、男の子が練習に使ったという可能性もあるので、やましい感がなくて、いいのかな…と思いました。


考えてみると、この方法は、なかなか合理的でいいかも…と思いました。

とはいえ、自分が使うわけでもないのに、買ってきて、娘に、ほらよ、と渡すのも、なんとなく気が引けます。


夫に話をしたら、

「風船にして、パーティの飾り付けに使っちゃったんじゃないの?」

などと、ふざけたことを言っていましたが…


また機会があったら、他の先輩ママ友達にも、意見を聞いてみようと思いました。

JUGEMテーマ:気になること
| サラ | トンデモ フランス人 | 18:07 | comments(22) | - |
フランス人の見た日本
今回の日本滞在中、夫の家族が遊びに来てくれたのですが、義姉が撮った写真を後で全部コピーしてもらったところ、「?!?」な写真があったので、こちらでご紹介します。


日本に初めて来たフランス人が「写真に撮りたい」と思うポイント?をおさえているのかどうかは…不明です。

なにしろ、しょっぱなから、これ↓ですから…
日本のトイレ2

ちゃんと、説明図もついていたようです。これはおかしい!!
上の写真をよく見ると、目線のくるところに、この注意図?が貼ってあります。
日本の謎トイレ
スクワット・トイレットって…(爆)

ともかく、日本のトイレは、フランス人には謎が多いようです(笑)
一緒にトイレに連れて行かれて、このデッサンは何か?と全部聞かれました。

たしかに、客観的に見ると、「おしり」の絵は笑えます。

うちの夫は、ひらがなだけは読めるので、「おしり、わかった!」と喜んでいました(爆)
日本のトイレの秘密


これまた意味不明な写真、と思って聞いてみたら、

「うちに帰ってから、バイクにかぶせるシートを自作するつもり」らしいです。

フランスには、こういうものは売ってないのか、たしかにあまり見かけません。
オートバイのカバー

お義姉さんは、型紙をとる意欲満々らしく、360度あちこちから撮影していました。
オートバイのカバー前面図


それから…みんなでカラオケに行ったときに、歌いながら、ちゃんと画面の撮影もしていたようです。

これは…エディット・ピアフの「La Vie En Rose(ばら色の人生)」かな??
カラオケ(フランス語)

自動販売機や食堂のロウで出来た見本の写真もありました。
自動販売機

義姉は、以前ドバイでダイソーをものすごく気に入っていたのですが、100円ショップに何度も行って、かなりの量を買い込んでいました。

あと、お土産で「!?」と思ったのは…

昔っぽい商店街にある寝具店で、「そばがら枕」の中に入れる「そばがら」だけ6パックも買ったことでしょうか…

義兄は、うちにあった「青竹ふみ」(半分に割った竹)が気に入って、民芸品店で2本購入していました。

それから、京都の北野天満宮の骨董市で、植木の苗をかなり買い込んでいました。

あと、かさばるおみやげとしては、低反発クッション2つに、結婚した友達へのお祝いにデパートで和食器のセット2箱に、かさ3本。

…これ全部を、どうやって持って帰ったのか、不明です(笑)


田舎の食事処で、お店のおじさんが、なつかしの黒電話をかけていたのですが、電話自体もともかく、おじさんのポーズが良かったようです。
黒電話のおじさん

コピーしてもらった写真は、もちろん、観光地の写真がほとんどだったのですが…

一緒に行動していても、見ているポイントが違って、なかなか面白かったです。


 JUGEMテーマ:カルチャーショック!!!
| サラ | トンデモ フランス人 | 18:10 | comments(8) | - |
ダルマの目の描きかた…
 ダルマの目玉の入れ方(間違い編)
あけましておめでとうございます!

皆様は、どんなお正月を迎えられたでしょうか。

我が家は、クリスマス・イブからずっと、夫の家族や友達の家に行って、あわただしくも楽しくすごしていました。


上の写真は、夫の昔からの友達のおうちで、

これ、パリで開催されたタケシ・キタノの特別展に行ったときにもらったの!

と見せられたダルマさんです。

はじめ、目玉が変なことになっているのは、たけしのジョークなのか??と思ったのですが…

話を聞いてみると、友達が描きこんだとのことでした。


このダルマの紙をもらったときに、会場の人が、

願い事をしながら片目を円く囲み、願い事がかなったら、もうひとつの目を囲んでください

と言ったので、この写真のようなことになったのだそうです。


…説明が悪かったのか、友達の理解が悪かったのかは、謎ですが、笑ってしまいました!

本人は、てっきり、こういうもんだと思っていたようなので、

目の周りを囲むんじゃなくて、黒目を入れるんだよ!」と説明しておきました。

ちなみに、「子供が大学でちゃんと進学できますように」、という、なんとなく日本人ぽい願い事だったそうで、無事かなったそうです…



シャンパン・グラス

今年もよろしくお願いします!!

最後に、お休み中にコメントを頂いていた皆様、お返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

| サラ | トンデモ フランス人 | 00:23 | comments(11) | - |
美味しいオイル・サーディンを求めて…
 フランスの美味しいサーディン・メーカー
うちの夫は、なんでも凝り性なのですが…

なぜか、夏ぐらいから「オイル・サーディン」に懲りだすようになりました。

私は、これまで、オイル・サーディンなんて、せいぜいレモン味とか、ピリ辛トマトソース味とか、その程度のバリエーションがあるだけで、どのメーカーも一緒じゃないの?と思っていたのですが…

夫によると、

オイル・サーディンも、ピンきり

なのだそうです。


ちなみに、夫がこれまで食べた中で、オイル・サーディンのナンバーワン・メーカーは、「La belle-iloise」(ラ・ベル・イロワーズ、興味のある方は、こちらの能書きをご覧ください)というブランドです。

普通のスーパーには、置いていないこともありますが、フランスだと、ギャラリー・ラファイエット・グルメなど、ちょっと高級食材っぽい感じで売っています。

これ、いくつか試してみましたが、値段も、ベーシックなサーディンの3倍ぐらいするけど、本当に、オイル・サーディンのコンセプトを覆すというか、ビックリするほど美味しい!!!

…とはいえ、小さい缶に5〜6切れしか入っていないので、4人でランチなどに食べるときには、軽食といっても、3缶ぐらいは開けないと、食べた気がしません。

おまけに、私は、余計な味がついているものよりも、ナチュラルなオリーブ・オイル漬けのサーディンが一番好きなのですが、近所のギャラリー・ラファイエット・グルメには、ナントカ味のものしか置いていないことが多いのが不満です…
ちなみに、ラ・ベル・イロワーズのナントカ味のなかでは、このグリーン・ペッパー風味が一番好きです。

うちの夫は、ワインでも、

高いモノは美味しくて当然。

安くて美味しい穴場モノを、自分のカンで発掘するのが楽しい…

という、ひねくれた人というか、基本的にケチなので(=そういうところがフランス人ぽい)、あるとき、スーパーをはしごして、色んなメーカーのオイル・サーディンを買い集めてきました。
 
これまでは、ラ・ベル・イロワーズはいつも行くスーパーにはないため、比較的どこでも売ってる、この「Connetable(コネタブル)」というブランドを良く買っていたのですが…

これ以外に、スーパーのPBブランド(モノプリとか、Super Uなど)も、色々と買いこんでいました。


そして、家族みんなで試食会(というか、手抜きごはん)をした挙句、選ばれたのが…

Parmentier(パルモンティエ)」というブランドです。

(パルモンティエについては、商品の説明ではなく、素敵なレシピブックの紹介がありました。こちらをご覧ください)


気に入ったら、とことん食べたいうちの夫は、パルモンティエが大量に安売りされているスーパーに行って、なんと、こんなに買ってきてしまい、おまけに、記念撮影までしていました(上の写真)

赤ピーマンとライムは、彼の構成センスのようですが…なんなんだか…

ちなみに、チュニジアも海の幸が豊富で、生の魚などは、夏でも新鮮で、なんでも美味しかったのですが、なぜか加工食品業はダメみたいで、ツナもオイル・サーディンも、安いばっかりで、私が試したどのメーカーも、パサパサで、全然美味しくありませんでした。


ラ・ベル・イロワーズについては、こんな個人的な話があります。

うちの夫がまだ独身の頃、これまた独身だった夫のいとこに、自分が留守にする間、パリのアパルトマンを数週間貸してあげたところ、いとこがアパルトマンを去るときに、「お礼」として、ラ・ベル・イロワーズのサーディンを大量にいろんな種類そろえて、ワインやらなんかと一緒にアパルトマンに「置き土産」にしてあったのだそうです。

オイル・サーディンを食べると、いつも、その話を思い出します。

| サラ | トンデモ フランス人 | 20:09 | comments(12) | - |
フランス人がリンゴに求めるもの…
前回、酸っぱいリンゴを「僕、フランス人だから…」と我慢して食べるうちの子の話を書きましたが…

その話をしたときは、ちょうど、うちに3種類のリンゴがあって…

1)隣のうちの木の、汗が出るほど酸っぱいリンゴ

2)市場で買った、小さくて有機栽培のかなり酸っぱいリンゴ

3)普通のスーパーで買った、日本の大きさの甘くてスカッとしたリンゴ

の3種類だったのですが…

私は、もっぱら、3)を食用、1)と2)をケーキ用と考えていたので、1)の処分がクランブルで終了したので、次は2)を使ってタルトを作っていたのですが…


タルトを食べた夫が、

これ、どのリンゴが入ってるの?

と聞くから、

ビオ(有機栽培)の酸っぱいやつ

と答えると、

えー!あれは、食べるから取っておいてよ〜!

ケーキにするなら、美味しくないスーパーのリンゴを使ってよ!

と言われたのですが…

…私には、どう考えても、スーパーのリンゴのほうが、ずっと美味しいのですが…


そこで、夫に、「美味しいリンゴ」の基準を聞いてみたところ、意外な答えが返ってきました…

僕は、リンゴに甘さは求めない。

他に、甘い食べ物は沢山あるからね…

リンゴは、しっかりと実が詰まっているものが美味しい。

あと、酸味と香りの高いもの。

水気が多すぎるリンゴは、美味しいと思えない…

食べたあとで、歯磨きしたように口の中がスッキリするリンゴが、一番、理想的だと思う


という結果だったのですが…

リンゴに甘さは求めない、という冒頭宣言からして、ビックリしてしまいました。

私は、リンゴにしろ、スモモにしろ、甘くなかったら、あまり生食したくない、というのが本音なので、意見の違いには驚いてしまいました。

フランス人が、みんなこういう意見かどうかは分かりませんが、フランスの果物が、日本のものほど糖度が高くないのは、こういう人が結構いるからかもしれません。


でも、私は、日本の「蜜入り」のリンゴが懐かしいです!!


ちなみに、「歯磨き」発言ですが、酸っぱいリンゴを食べて、それで歯磨きはしない、ということではなく、ちゃんと食後に歯磨きもしています…


 JUGEMテーマ:海外生活
| サラ | トンデモ フランス人 | 16:32 | comments(10) | - |
恋する幼稚園児…
フランスの幼稚園では、幼稚園児どうしが、「カップル」になっている場合がある…

という微笑ましいんだか、末恐ろしいんだか、良くわからない話を以前に聞いたことがあったのですが…

うちのジョジョ君は、おまわりさんとか、車の車種とか、飛行機雲などには絶大な興味がありますが、幼稚園で同じクラスの女子に挨拶されても、完全に無視する、全く色気のない健全な男子?なのですが…

この前の週末、突然、ご飯中に、

イレ・アモロー
(Il est amoureux、あの子、恋をしているんだ)

と言ったので、ビックリしました。

その後は話が続かず、単に誰かの真似をして、言ってみただけのようでしたが…

突然、3歳児が「恋」とか言い始めたので、ドキッとしたのは、否めません。


そういえば先日、夫の親戚のおばあさんたちと一緒にご飯を食べたときに、そのうちの一人のおばあさんが、

ジョジョ君、幼稚園に好きな子(amoureuseアモローズ)がいるんでしょ?

フィアンセの名前は、なんていうの?

としきりにジョジョ君のガールフレンドの名前を聞き出そうと努力していましたが、本人は冷たく、

ジュセパ…
(知らない…)

と言って、その後は何を言われても無視。

おばあさんの場を盛り上げる努力にもかかわらず、それ以上は会話が弾みませんでした。

はっきり言って、3歳でフィアンセもへったくれもあったもんか!と思いますが、おばあさんたちの話によれば、普通は、幼稚園児の女子に、そういう質問をすると、必ず、

私のフィアンセはナントカ君なの!

という答えが返ってくるようです。

こんな質問ばかりされて、クレヨンしんちゃんみたいな変な幼稚園児になっても困るなあ、と思いましたが、あまりこのおばあさんたちとは会う機会がないので、良かった〜、と思いました。


娘によれば、高校のクラスメートでも、

チボーとは、幼稚園のときに付き合ってた…

とかいう子が結構いるんだそうです。

(それを「付き合った」というのがどうなのかは別として!)


 JUGEMテーマ:日常
| サラ | トンデモ フランス人 | 10:43 | comments(6) | - |
つがいの季節?
このところ、気温が20度近くまで上がり、上着を着なくても外出できるようになりました。

毎年、思うのですが・・・

気温が上がるのを待っていたかのように、町のいたるところに出現する、イチャイチャ・カップルの数の多いことといったら…!

夫と一緒に町を歩いていたら、突然、目の前で立ち止まって、ものすごい長いキスに入った交通妨害カップルがいて、笑ってしまいました。

ほかにも、徒歩5分ぐらいで行けるスーパーまで行く間に、熱烈なキスを繰り返すカップルを、もう一人の女子の友達が待っているところを見かけました。

さすがに、その女子友達は、うんざりした顔をしていました(笑)

でも、夫が、「彼女にボーイフレンドがいたら、同じことをするよ」と言っていたので、なんとなく納得しました。

うちの近所の女子寮の前でも、一応門限があるらしく、門限を惜しんでチューチューしているカップルが、毎晩、後を絶たないのでした。

門限後も、窓に向かって投げキッスをしたり、わけのわからんジェスチャーをしてアピールしている、まさに「恋は盲目」な男子がいて、傍目には、ものすごくおかしいのでした。


寒くても道端でキスしている人はたくさんいるのですが、突然気温が上がったときと、夏休みのバカンス前は、爆発的に道端ディープキス軍団が増える気がします…


とはいえ昨日、夫がうちに帰ってきて、

さっきすごいの見ちゃった・・・

というので聞いてみると、

バス停のベンチに、3人の若者がねっころがって、キスしていたので、『え?!』と思ってよくみると、男子2名、女子1名だった・・・

ということでした・・・昼間なのに、すごい・・・(笑)



 JUGEMテーマ:カルチャーショック!!!
| サラ | トンデモ フランス人 | 16:48 | comments(10) | - |
ウナ・クール事件
ウナ・クール事件写真1 
うちの夫は、日本の分別ゴミにも苦しめられていましたが、日本人なら誰でも知っている商品名を知らないことでも、色々と、大変な思いをしたようでした。

たとえば、フランス宛に、事務っぽい手紙を書いた後のテーブルに「ウナ・クール」が置いてあったので、

蚊に刺されない夫(※)が、なんでウナ・クールを使ったのかな??

と、不思議に思って、聞いたところ、封筒を閉める時に、これをぬったそうです。

たしかに、すぐ近くに置いてあった、「アラビック・ヤマト」と、形状も似ているので、間違えるのも無理はないな、と思いました。

ウナ・クール事件写真2
あまりそういう視点から見たことがありませんでしたが、「ぬる」部分も、なかなか似ています…

ちなみに、封筒は、閉まるところにちゃんと糊がついていたのか、ウナ・クールでも、ちゃんとくっついたそうです。


(※)
なぜか、良く分からないのですが、夫とジョジョ君は、全然、日本の蚊に刺されないのでした。
フランス人の血は、日本の蚊には、まずいんでしょうか??

ということで、草むらなどに出るたびに、私ばかりが狙われ、

「蚊なんか、どこにもいないよ!」

という、憎たらしい夫の一言をよそに、私の腕や足は、「蚊に刺され」で久しぶりに大変なことになりました。

JUGEMテーマ:写真日記
| サラ | トンデモ フランス人 | 23:57 | comments(14) | - |

このページの先頭へ