国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
チュニジア旅行記1
 チュニジアのビーチの写真1
チュニジアの首都チュニスから、車で1時間弱のラ・マルサ(La Marsa=港という意味)に滞在していました。

日本ではあまり知られていないかもしれませんが・・・

チュニジアは、北アフリカ(いわゆるマグレブ)のモロッコ・アルジェリア・チュニジアと並んだ一番東側にあり、ヨーロッパから見ると、ちょうどイタリアの靴の形をした部分に対して、地中海を挟んで向かい合っている国です。

アラブ・アフリカ諸国の国の中では、石油資源などに恵まれていないかわり、非常に治安が良くて、教育や観光に力を入れているので、経済的には、かなり成功しているようです。

とはいえ、国民の平均収入レベルは、多分、フランスなどのヨーロッパ先進国と比べて10分の1程度だと思います。

もっと貧しい国に見られるような、飢えとかストリート・チルドレンのような問題は、もしかしたら、一部であるのかもしれませんが、観光で行く限り、全く目に付かないし、テロリストに狙われるほどの華々しいツーリスト・スポットもそんなにないので、そういう点では、アラブ・アフリカの国の中では、モロッコと同様、多分、一番旅行しやすい国だと思います。

チュニジアのビーチの写真2
この写真は、ラ・マルサの地元民でにぎわうビーチです。

日中は暑いので、日が沈みかけると、みんな続々とつめかけます。

多分、アラブ諸国はどこでも一緒だと思いますが、戒律が比較的ソフトなことで知られたチュニジアでも、イスラムの戒律がこの何年かで、段々厳しく守られるようになっているようです。

そんな事情もあって、チュニジア人の女性は、みんな服を着て、スカーフをかぶった姿で、海水浴を楽しんでいました。

チュニジアのビーチの写真3
ラ・マルサからさらに北上した、ビジネスマンやチュニジア人が利用する高級ホテルが立ち並ぶガマルタのビーチでは、なぜか、らくだ乗りのサービスがありました。

ビーチには、沢山人がいたのに、誰も乗っていないのが悲しいけど・・・(笑)

次回は、チュニジア有数の観光地、シディ・ブ・サイドをご紹介します。


¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
※よろしければ、もうひとつのブログに書いた、2年前のチュニジア旅行記もご覧ください!

1ページに全部出ますので、下から順に読んでくださいね。

JUGEMテーマ:海外旅行 総合
| サラ | チュニジア旅行 | 19:11 | comments(4) | - |

このページの先頭へ